FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやってお客さんを呼ぶか。

時系列の順番的には飛んでしまうのだが、今関心のあることなので書いてみる。

どうやってサイトにお客さんを呼ぶかという問題。
Googleの検索でトップに表示されてサイトに来てくれる、ということが簡単に実現できればいいのだが、そうもいかない。こういうのはSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)というもので対策するらしいんだけど、SEOもまあ要は、どうやってサイトに人をよぶか、ということの一部分ですな。

結局、サイトへの導線というのは
1.検索
2.他サイトからのリンク
3.TwitterなどのSNS
4.ブックマークから
という感じだと思うんだけど、上記で言うと数字が大きいほど「ファン」ということになりますな。偶然だがw

1の検索については、エロを見たいお客さんがどういうキーワードで検索するか?ということを考えていくことになる。で、エロサイトって、オープンしてから気づいたんだけどw、言葉があまりないんですねw 文章というか。
で、これでどうやって検索でひっかけてもらうんだよw とおもったんですな。
AV女優名とかジャンル名とか、そういうところは言葉にできるんだけど。
なので、判断として正しいかどうかわからないんだけど、サイトでは文章を書いていこうと思っています。

2の他サイトからのリンク、ですが、これは複数のタイプがあるけど、アクセストレードというやつがその一つですな。
アクセストレードというのは、他サイトの記事を自分サイトのページにリンクとして載せるということをお互いにやって、お客さんをわけあいましょう、というようなことみたいですね。
で、エロサイトでよくあるのが、これによるリンクたらいまわし現象。結局どれをクリックすればエロ動画が見られるわけ?とチンコをにぎりながら思う、あの現象です。

エロサイトを見てきた側としては、これはあんまりやりたくないんだよね。だけど、どうやらこれをやらないとお客さんの拡大はできないような雰囲気がネットに漂ってますw
でも、これをどこかのサイトに申し込むにしても、そもそもアクセスをトレードするだけのアクセスがまだうちのサイトにはないw アクセストレードをやるにしても、まずはひとりでコツコツと集客を行い、その後になると思うんだけど、、、

3のTwitterなどのSNSからの導線については、まあわかりやすいですよね。SNSでコンテンツやサイト自体を宣伝して、共有してもらったりしてお客さんがくる。URLがSNS上に存在するだけでも訪問してもらうためのタネにはなる。

4のブックマークしてもらうっていうのは、まあうれしいことですね。ブックマークっていままでサイトを見る側として普通にやってきたけど、これってサイトを作る側からすると奇跡的なことというか、すごいことだなーと実感しますな。

今日はこのへんで~。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

wordpressのプラグインを入れ続ける日々

artisteerで実現できなかった、というかやりかたがわからなかったところをどうやって解決するか、というのがwordpressのプラグインだった。

多分、PHPやCSS、Wordpressのファイル構成等の知識があればプラグインに頼ることなくできると思うんだけど、とにかくプラグインをいれまくったw
あんまり入れるとおそくなるとは聞いていたんだけど、なんかこの「入れる」っていうのが快感でw
スマホ買ったからアプリを入れまくるみたいな感じで。素人まるだし・・・

既存のエロサイトをみると、あらかじめすべてがそこに当たり前のように存在してるんだけど、これも試行錯誤というかプラグインのつぎはぎ状態だったりするのかな?とか考えながら、とにかく自分の手でやっていった。ネットを見るとあほみたいな検索の仕方でもGoogle先生が適切なサイトに連れて行ってくれるので、少しずつ、一歩一歩前に進んだ。

今考えるとこの日々は楽しかったw 

疑問が生まれる → 解決。

というのを繰り替えてしていた。それが目に見える形で反映されるのは快感だった。
でもプラグインの数はどんどん増えていったw

でもネットに書いてあることをどんどん鵜呑みにして入れていったので、例えばアクセスを早くしたいならキャッシュ系のプラグインを、とか書いてあったのでそのままオススメのものを入れたりした。
でもキャッシュ系っていうのがどういうものなのかいまいちわかってなかったりw
これってまずいよなあ。
前に進むことの快楽に負けてどんどんやっているだけ。あとから後悔するかなあ。。。。

Wordpress、Artisteer デザインについて

特にこまかいことは考えず、Wordpressを選びましたw
まあブログサービスでエロサイト運営するっていうのは普通にありだと思うんだけど、デザインとか、自分で全部やりたいと思うようになるだろう、ということで。

PHPとかは全くわかっていなかったけど、まあHTMLみたいなもんだろ、ということで。

で、

・トップページにコンテンツへの導線となるサムネイルやらがおいてあって、そこをクリックするとコンテンツに行く

・この「コンテンツ」を日々更新していく

というのがかなりざっくりした想定だったんだけど、これを実現するのがまず最初にハードルだったw

考えてみると、どんなジャンルにするか、とかターゲットは、とかそういうところから落としてくべきだったよな、と今は思うんだけど、とにかく目に見えるものを作りたかったのでそういうところではなくデザインから入ったw

wordpressのテーマは腐るほどみたんだけど、僕の考えているような感じのは無く。。。
で、結局自分で作ってしまえということで、これをつかった。下。

Artisteer
http://www.artisteer.com/

ホームページビルダーとか国産のものも検討したんだけど、辞めた。理由はあった気がするんだけど思い出せないw

で、このartisteerで作ったテーマをwordpressにあげて、細かくwordpressにログインの上いじっていこうということになったのだが、artisteerの使い方がいまいちわからず苦戦ww 英語だし。
デザインと機能というすみわけがあって、そこにArtisteerをどう位置付けるかがよくわかってないまま進んだので、かなり時間のロスはあったw

まあなんだかんだでそれっぽいものができたので、サーバにぶちこみ、うーん、フォントがしょぼいよなあ、でもどうやってこの部分だけ直すの?みたいな諸々がありつつ、それっぽいものができあがっていった。

それにしても世の中のエロサイト運営のみなさまは開発の知識がある方々、もしくはめっちゃ勉強して作っているんだなということがわかった。だってむずかしいよ、普通に。単純にエロいだけの僕はかなり苦戦・・・w

だって、普通に3カラムにしたいだけなのに全然わかりませんw



ブログスタート

このブログは、最近エロサイトの開発をはじめた僕が、メモの意味もこめて書く日記です。

これまで、webサイトの運営経験はあるにはあるんだけど、HTMLでつくったシンプルなもののみ。
開発者としての知識としてはHTMLはなんとなくできる、という程度で、プログラミングなるものもかじったことはあるんだけど、感覚的になんとなーくCやJavaを触ったことがある、という程度。

で、あと、アフィリエイト(とか、webサイトの運営によって銭をかせぐこと)に少し興味があったので、じゃあ実際やってみようか、というところからはじまりました。

あと、以下の記事が後押しというかきっかけになった。

http://anond.hatelabo.jp/20130922195049

アダルトが儲かる、というのはきいたことがあったのだが、webサイトって結局更新することが大変なわけで、そのときに自分の興味のあることじゃないときついというのは絶対にある。クレジットカードのおすすめ、とか別にやりたくないしw
エロに割いてきた自分の時間というのは膨大なので、結局、エロを選びましたw

上記URLの記事ともかぶるんだけど、自分が見てきたエロサイトは、いくら見にくいものでも慣れてしまっているので、自分個人としては見やすさとかはどうでもいいんだけど、そこまでのヘビーユーザーじゃなければ見やすさというのはエロサイトのカギになるのではと思い、見やすいエロサイトを目指そうかな、とか考え始めて、方針をかためはじめた。

参考にしようかな、と思ってみていたのは

巨乳動画ストリーム 
http://kyonyudouga.com/


これはすごく完成されてるなー。技術的なものとかデザイン的なものも。すごく速いし。

あと
YourAVHost
http://youravhost.net/

このへんは駆け出しっぽくて、共感しつつ。

オールアダルト
http://alladultdouga.com/

H365
http://h365.info/

エロサイトの開発ブログとかって結構あって、最初のはてなの記事を見るとある意味簡単そうに見えたんだけど、とりあえずやることはたくさんありました・・・

現在、僕のサイトはオープンはしているんですが、まだまだ全然という感じ。
そこまでのプロセスについても、書いていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。