FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやってお客さんを呼ぶか。

時系列の順番的には飛んでしまうのだが、今関心のあることなので書いてみる。

どうやってサイトにお客さんを呼ぶかという問題。
Googleの検索でトップに表示されてサイトに来てくれる、ということが簡単に実現できればいいのだが、そうもいかない。こういうのはSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)というもので対策するらしいんだけど、SEOもまあ要は、どうやってサイトに人をよぶか、ということの一部分ですな。

結局、サイトへの導線というのは
1.検索
2.他サイトからのリンク
3.TwitterなどのSNS
4.ブックマークから
という感じだと思うんだけど、上記で言うと数字が大きいほど「ファン」ということになりますな。偶然だがw

1の検索については、エロを見たいお客さんがどういうキーワードで検索するか?ということを考えていくことになる。で、エロサイトって、オープンしてから気づいたんだけどw、言葉があまりないんですねw 文章というか。
で、これでどうやって検索でひっかけてもらうんだよw とおもったんですな。
AV女優名とかジャンル名とか、そういうところは言葉にできるんだけど。
なので、判断として正しいかどうかわからないんだけど、サイトでは文章を書いていこうと思っています。

2の他サイトからのリンク、ですが、これは複数のタイプがあるけど、アクセストレードというやつがその一つですな。
アクセストレードというのは、他サイトの記事を自分サイトのページにリンクとして載せるということをお互いにやって、お客さんをわけあいましょう、というようなことみたいですね。
で、エロサイトでよくあるのが、これによるリンクたらいまわし現象。結局どれをクリックすればエロ動画が見られるわけ?とチンコをにぎりながら思う、あの現象です。

エロサイトを見てきた側としては、これはあんまりやりたくないんだよね。だけど、どうやらこれをやらないとお客さんの拡大はできないような雰囲気がネットに漂ってますw
でも、これをどこかのサイトに申し込むにしても、そもそもアクセスをトレードするだけのアクセスがまだうちのサイトにはないw アクセストレードをやるにしても、まずはひとりでコツコツと集客を行い、その後になると思うんだけど、、、

3のTwitterなどのSNSからの導線については、まあわかりやすいですよね。SNSでコンテンツやサイト自体を宣伝して、共有してもらったりしてお客さんがくる。URLがSNS上に存在するだけでも訪問してもらうためのタネにはなる。

4のブックマークしてもらうっていうのは、まあうれしいことですね。ブックマークっていままでサイトを見る側として普通にやってきたけど、これってサイトを作る側からすると奇跡的なことというか、すごいことだなーと実感しますな。

今日はこのへんで~。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

wordpressのプラグインを入れ続ける日々

artisteerで実現できなかった、というかやりかたがわからなかったところをどうやって解決するか、というのがwordpressのプラグインだった。

多分、PHPやCSS、Wordpressのファイル構成等の知識があればプラグインに頼ることなくできると思うんだけど、とにかくプラグインをいれまくったw
あんまり入れるとおそくなるとは聞いていたんだけど、なんかこの「入れる」っていうのが快感でw
スマホ買ったからアプリを入れまくるみたいな感じで。素人まるだし・・・

既存のエロサイトをみると、あらかじめすべてがそこに当たり前のように存在してるんだけど、これも試行錯誤というかプラグインのつぎはぎ状態だったりするのかな?とか考えながら、とにかく自分の手でやっていった。ネットを見るとあほみたいな検索の仕方でもGoogle先生が適切なサイトに連れて行ってくれるので、少しずつ、一歩一歩前に進んだ。

今考えるとこの日々は楽しかったw 

疑問が生まれる → 解決。

というのを繰り替えてしていた。それが目に見える形で反映されるのは快感だった。
でもプラグインの数はどんどん増えていったw

でもネットに書いてあることをどんどん鵜呑みにして入れていったので、例えばアクセスを早くしたいならキャッシュ系のプラグインを、とか書いてあったのでそのままオススメのものを入れたりした。
でもキャッシュ系っていうのがどういうものなのかいまいちわかってなかったりw
これってまずいよなあ。
前に進むことの快楽に負けてどんどんやっているだけ。あとから後悔するかなあ。。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。